製造部 加工係
中村 潤平
2015年入社

成長させてくれた様々な支え、

1/1000mmレベルの世界で奮闘中。

マシンの熱、工具の摩耗。それでもお客様のご要望に応える。

本社工場にて製造された素材を、最終製品にする工程を担当するのが吉良工場です。製品がそのまま直接お客様の製品(部品)として使用される為、求められる完成度は1/1000mm単位。工具のセッティングや位置の感覚を掴むまでは非常に苦労しました。機械も人と一緒で、暑い日や寒い日は調子が悪くなり、またマシンから出る熱や工具の摩耗でごくわずかな誤差が出てしまう為、プログラムの数値や工具の位置を調整しなければなりません。しかし、その先にお客様が待っていると思うと、最終工程の担当としてその期待に応えようと一層気が引き締まります。

支えてもらった自分だからできることを、後輩にも。

九州から愛知県に移り住んで早くも数年が経ちました。こちらに来た当初は、慣れない土地、周りは知らない人ばかり、文化の違いなど、故郷を恋しく思わせる場面が多くあり、時には心が折れそうになることも多々ありました。しかし、ON・OFFのメリハリがついた上司のフォローや先輩のアドバイスなどもあり、日を重ねるごとに馴染んでいくことができ、同時にメンタル的な強さを身に着けることができました。今は私がしてもらったように、特に遠方から来た後輩のフォローを積極的に行っていると共に、更なる知識と技術を身に着ける為の行動を主体的に行っています。

中日本鋳工株式会社 〒445-8555 愛知県西尾市港町6番地6
TEL:0563-55-4455(代)
ほんものづくり隊
ページの上部へ